言語聴覚のサポートを行う|憧れのままにしない|ピアノレッスンでレベルアップ
メンズ

憧れのままにしない|ピアノレッスンでレベルアップ

言語聴覚のサポートを行う

ウーマン

やりがいが感じられる

言語聴覚士は、やりがいが感じられると人気の高い職業になります。怪我や病気などが原因で上手く話せなくなった人、失語症の人、意思疎通が難しい患者の生活をサポートするなど幅広い仕事内容となっています。言語や聴覚に関する知識はもちろんのこと、コミュニケーション能力も必要となります。少しずつ患者の病状を改善するサポートが出来るので、日々感じられる喜びや嬉しさは大きいと言われています。言語聴覚士になるには、学校に通い国家資格を得る必要がありますが大学か専門学校のどちらかで三年から四年学ぶ必要があります。職場で働けるまでの期間が短い三年制の学校の場合は、社会に出てすぐにでも働きたいという人に人気となっています。

ルートは色々ある

言語聴覚士になるまでに通うべき学校は、様々なルートで存在します。最も最短なルートは、高校を卒業してから大学や専門学校で三年間学ぶというルートになります。その他にも、高校卒業後四年制の学校に通うルートや高校を卒業後に四年制の大学に通ってから大学院の専修科や専門学校に二年通うというルートもあります。高校在学中やそれ以前から言語聴覚士になりたいという目標があれば、その分スムーズに進みますが高校卒業後に目標が出来る場合もあります。自分のライフスタイルや状況などにも合わせながら、数あるルートから選んで学校を決めていくと良いでしょう。合格率は国家資格にしては高めなので、しっかり学校で学べばその分合格しやすくなります。