福祉のプロフェッショナル|憧れのままにしない|ピアノレッスンでレベルアップ
メンズ

憧れのままにしない|ピアノレッスンでレベルアップ

福祉のプロフェッショナル

男性

福祉サービスで必須の存在

社会福祉士は、福祉全般に関わる相談を受け、アドバイスや援助を行うことを業務とする国家資格です。具体的には、心身に障害があり日常生活を送るのにハンディキャップがある方の医療手続きなど、保健、医療、福祉と幅広い範囲において障がい者の生活に密接に関わる仕事です。働く場所としては、高齢者福祉施設、障碍者福祉施設、行政機関などが挙げられます。昨今では、新潟でも障がい者や児童の発達障害も増えており、福祉サービスのニーズが高まっています。そのため、障がいがある人の生活を支え、自立を支援するために活躍する社会福祉士に注目が集まっているのです。新潟県には新潟社会福祉協議会があり、福祉事業者の人材探し等も行っています。

国家資格を得るためには

新潟で社会福祉士の資格を得るためには、社会福祉士の国家試験に合格することが必須です。受験資格を得るためには福祉の課程がある学校に行かなければなりません。まず、福祉系の4年制大学で所定の課程を終了することです。福祉系の短大で所定の課程を修了した後、実務経験を1年から2年積むこともできます。社会福祉士養成施設で1年以上学ぶ方法もあります。4年制大学では卒業と同時に受験資格が得られますが、短大や専門学校ですと、その後1年間もしくは2年間の実務経験を積む必要ありますので、どちらにしても4年間はしっかりと勉強をすることになります。福祉の法律や医学など幅広い知識を必要とする専門職になりますので、学生時代の学習が国家試験の合否に結びつくといえるでしょう。